脳梗塞とは・・・

脳梗塞とは・・・

脳梗塞とは脳の血管が詰まってしまい血液が体を循環しなくなる病気です。

血液の流れが悪くなるので呼吸ができなくなります。又、生きるために常に動いている各臓器や神経にエネルギーが補給されなくなるので、急に心臓がとまることや、血液が詰まることで血管が破裂してしまい死に至る場合があります。

脳梗塞になる原因

脳梗塞になる最大の原因は動脈硬化です。

動脈硬化とは血液中に悪玉コレステロールなどの脂肪がたまることで血管が細くなってしまう症状です。現代人なら誰でも無意識に経験している①から④の生活習慣が脳梗塞を引き起こすきっかけになっています。

①ハンバーガーやポテトチップスなどのジャンクフードによる食生活
②お酒やたばこなどの過度の摂取
③夜型の生活での体内リズムのゆがみや睡眠不足による体力の低下
④生活バランスのがくずれることでおこる無意識的なストレスによるイライラ等

治療・改善について

脳梗塞の改善法とは・・・

①食生活での改善
揚げ物などで脂肪を接種し過ぎず、血液をさらさらにする食べ物を摂取することが大事です。豊富な栄養分を摂取できる煮込み料理などが和食・洋食問わず効果的です。食材は血液中の脂肪減らす働きに優れたDHAを豊富に含むサバやサンマなどの青魚や血液をさらさらにする効果の期待できる納豆や玉ねぎ、梅干し、食物繊維が豊富なワカメやきのこ
などの消化に良い食べ物が効果的です。

②運動での改善
一日に30分ほどの無理のないウォーキングが効果的です。植物と同じで、人間も太陽の光をあびることで取り入れた栄養を必要な形に変えてくれます。。又、ゆったりとした動きを続けることで脂肪燃焼ができ、心身共にリラックス効果が期待できます。

最後に深呼吸をすることで体内のバランスを整えることができるのでおすすめです。



脳梗塞の治療法とは・・・

①薬での治療
早期発見の場合は薬での治療が可能です。又、重度の症状であっても年齢的問題や、体力の問題で手術ができない患者さんの場合は薬での治療法になります。主に血液の流れを良くする薬や、血管が縮小することで起こる脳のむくみを解消する薬にて経過をみながら治療を行います。

手術での治療・・・
重度の患者さんの場合に手術を行います。詰まっている箇所の血液を抜くことで詰まりを解消するそうです。そのままのでは再度血液が詰まってしまうので、血管を別の血管に繋ぐバイパス手術や血管の補助をするステント留置術などを患者さんの状況や書く手術のリスクなどを患者さんと家族に相談して判断を行うようです。

← 脳卒中についてに戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional