脳卒中とは・・・

脳卒中とは・・・

脳卒中とは私たちのような一般人がつかわれている用語で、専門的にいうと「脳血管疾患」というというのはご存知でしょうか。まあ、脳血管疾患というとちょっと分かりにくいので脳卒中と記載させてもらいます。

脳卒中といっても、脳の血管がつまってしまってなる病気は「脳梗塞」といいます。次に脳の血管が破れる事で出血してしまうことでなってしまう病気は「脳出血」というのですが、このどちらの病気も今までに一度ぐらいは聞いたことがあると思います。それほどに、脳の血管に関連する病気が多いということがお分かりいただけると思います。

脳卒中の症状とは?

脳卒中の症状としては、手足の痺れや麻痺などがあり、このほかにも意識障害なども脳卒中の症状としてあらわれることがあります。この様な症状がでる理由としては、脳の血管が詰ったり、破れたりする事で脳に血液がきちんと送り込まれなくなったりする事で生じるようです。

脳卒中の症状として先に代表的な例を上げましたが、病気によっても症状は変わるようです。脳出血になると、昏睡状態や半身麻痺などがあり、くも膜下出血では頭痛や意識の混濁などによる症状が出るようです。このほかにも、ろれつが回らなくなる、感覚障害など様々な症状に悩まされる事になりかねません。

脳卒中の種類について

それでは、脳卒中の中でも種類別にどのような病気があるのかということを紹介していきたいと思います。といっても、冒頭で記載しているとおり、私は専門的なプロの医師ではないので、参考程度にご覧いただけると幸いです。

ということで、脳卒中の中でも多くの割合を占める3つの病気【脳梗塞・脳出血・くも真膜下出血】について、解説していきたいと思います。

脳梗塞とは・・・

脳梗塞という病気は脳卒中の中でも一番多くの割合を占めており、テレビ番組などでよく聞くこともある有名な病気になります。近年の食生活の欧米化にともない脳梗塞の割合が増えているようです。以前は脳出血が一番の割合を占めていたようですが・・・・→ 脳梗塞について

脳出血とは・・・

くも膜下出血とは・・・

← 高血圧の合併症へ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional