心肥大について

心肥大について

心肥大とは文字の通り通常よりも心臓の表面の壁が大きくなりすぎることで心臓に圧力がかかり過ぎることで呼吸困難などを引き起こす病気です。

心肥大になる最大の原因は高血圧です。

心臓に高い圧力がかかることで流れる血液の量が通常よりも多くなるので心臓のポンプが必要以上にふくらむことで病気が発症します。又、呼吸が切れる様な急激な運動を行うスポーツ選手や日ごろから体を動かさない人がいきなり急な運動を行うことでも発症します。又、生まれつきの心臓や血管の状態にてこの病気になりやすいことも場合もあります。

症状としては妙に疲れやすくなったり、心臓のあたりが痛くなったりという痛みが起こります。場合によっては突然死を引き起こすので注意が必要な病気です。

心肥大の改善方法

心肥大という病気は下に書いてある方法で改善できます。

  • ①食生活での改善

生活習慣病である肥満や糖尿病などの現代的な食生活が高血圧を引き起こしています。食事以外でのケーキやフライ系のジャンクフードによる間食を控えたり、和食や洋食であれば油をあまり使わないパスタや鶏肉の煮込み料理などを中心にした食生活に気を配ることで改善できます。

  • ②運動での改善

急激な運動を避けるのが第一です。ゆっくりした動作のウォーキングや、ストレッチが効果的です。又、この病気の場合は水分をとり過ぎると心臓に圧力がかかり過ぎる場合
がありますので、最寄りのお医者さんに確認した上で運動の計画をすることをおすすめします。

心肥大の治療法

  • ①薬での治療

高血圧が原因とされているので、血圧を下げて安定させる薬にて治療を行うそうです。軽度の症状の場合は生活習慣の予防法にて対処できます。

  • ②手術での治療

一度肥大加してしまった心臓の大きさを元に戻すことはできないようです。高血圧が原因で耐えられなくなっている心臓の弁(血液が逆流しないようにするふた)の機能の補助をする手術を行うそうです。重度の症状の場合は心臓移植での治療を行うことになります。

← 高血圧と心臓についてへ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional